大きなプラットフォーム事業者の後ろ盾なくインターネットビジネスを展開するにあたっては人脈の構築、ビジネスを知らしめること、さらには信頼感を得ることが非常に難しい状況です。
そして、このような方々にとってうまく活用すべきではないかと思うのが特商法になります。

正直なところ、当たり前品質だと一般消費者の方々は思うかもしれません。しかしながら大きなプラットホームを持っている事業者と取引を行うのではなく、個人事業主や中小事業主と取引を行うにあたって消費者にとっては詐欺を中心としたトラブルを避けることが何よりも重要だと考えています。

もちろん、消費者庁が定めたこの法律について詳しいルールを知らない方々にとってもまず、最初にアクセスするホームページやSNSのトップページなどでしっかりとした注意事項が記載されていれば安心することができます。
実際には、消費者庁が定めるルールについてはここが大きなポイントになってくるのです。

消費者が取引を行うにあたってどのようなリスクがあるのか、そして何かトラブルがあった際に連絡手段がきちんとあるのか、トラブルの対応方法はどうなっているのか、といったところがきちんと明記されているかどうかが大きなポイントになってきます。

ですから、個人事業主や中小事業者に関してはこのようなポイントを逆手にとって当たり前品質をきちんと確保している事業者であることを消費者にPRするためにうまく活用することが重要ではないかと思います。

そもそもインターネットビジネスでは顔を対面方式でなく展開することもあってどうしても信頼感を得ることが難しいビジネススタイルになっています。

それだけにこのようなリスク回避の法律が設けられることによって逆に自分自身の経営品質を訴求した上でビジネスが展開できるとなれば信頼感を得ることにもつながっていきます。

実際に、商品やサービスを取り扱うにあたって、特商法のルールに基づいて自分たちが不備がないかどうかをチェックするだけでも実際のビジネスを展開するにあたっての大きなポイントになってくるのではないでしょうか。

逆にルールをクリアできているのであれば経営品質としても問題なくお客様に対峙することができると言えると思います。

もちろん、自分たちだけでチェックできない場合には行政機関に支援を仰いだ上で、ルールを設けていくことが重要なポイントになってくるでしょう。