2014年に「NISA(少額投資非課税制度)」がスタートし、2018年からは新たな制度として「積立NISA」が開始されました。
両者はともに税制における優遇制度ですが、両者を同時に利用することはできないため、どちらかを選択しなければなりません。
従って、両者の違いを十分に理解した上で選択することが大切です。

積立NISAとNISAの違い

積立NISAとNISAの違いには主に以下があります。(左側:積立NISA、右側:NISA)
1)年間投資枠:40万円/120万円
2)非課税期間:20年間/5年間
3)投資可能総額:800万円/600万円
4)実施期間:2037年まで/2023年まで(2024年から新NISA)
5)取扱商品:投資信託のみ/株式・投資信託

非課税が適用される投資枠

非課税となる年間の上限額は積立NISAの40万円に対し、NISAは120万円です。
金額面ではNISAの方がお得です。ただ、平均的な年収のサラリーマンが、1年間に120万円のお金を投資に回すなどは非現実的です。一方、積立NISAの非課税期間は20年であるため、非課税の総額は800万円になり、NISAの非課税総額600万円より総額の面ではお得になります。

非課税が適用される期間

NISAの非課税期間は5年であるため、5年目には商品を処分しなければなりません(ロールオーバーによって最大10年まで非課税可)。
積立NISAは非課税期間が20年と長いため、長いスパンの資金計画を立てられます。
つまり、2020年に購入した商品は2039年まで利益に対して非課税、2021年の購入商品は2040年まで非課税を利用できるということです。結果的に、現役世代を通して優遇制度を利用できることになります。

取扱商品・購入方法の違い

積立NISAとNISAは利用できる商品群が異なります。
NISAは株式と投資信託が対象となっており、商品は利用者自身が自由に選ぶことができます。
また、購入は利用者の任意のタイミングで行えます。一方、積立NISAの場合は、金融庁が選定した投資信託やETF(上場投資信託)の中から選択するという制約を受けます。

また、積立であるため、事前に決めた金額で定期的(毎週、毎月など)に購入します。定期的に同じ商品を同じ金額で購入するため、結果的に商品の平均単価が下がることになり、相場変動リスクの低減化というメリットを得られます。

適している人

NISAは投資資金に余裕があり、自分の裁量で投資したい人に適しています。
一方、積立NISAは運用よりも老後資金を確実に蓄えたい人のための制度と言えます。